2017年05月07日

Your Life Without Limits - Living Above Your Circumstances

Nick Vujicic著。

著者は手と足(四肢)がない状態で生まれてきて、様々な困難を乗り越えて、今は充実した人生を送っています。

幼い頃は、人生に失望し自殺も考えたほどでしたが、「希望」を失わないこと、キリスト教の信仰による神を信じることで自分を強くし、数々の夢を実現してきています。

その生き方と、心の持ちよう、希望を失わないことは、大いに人々を勇気づけるでしょう。

様々な困難にぶつかり、落ち込んだときに読むといいと思います(英語です)。


Your Life Without Limits: Living Above Your Circumstances








posted by かめきち at 12:13| Comment(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出世の極意

米国ルイ・ヴィトンの元CEOであるマーク・ウェーバー氏の著作。

金も知識もコネもなく、雑用係から出発し、世界有数の紳士服メーカー、フィリップス・ヴァン・ヒューゼン(PVH)のCEOになり、その後、世界一の高級ブランドグループ、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)の米国法人CEOに就任。


ルイ・ヴィトン元CEOが教える 出世の極意

組織で成功するには、どんなタフな難題にもこなす頼もしい存在だと証明しなければならない。

たとえ任された課題についてなんの知識がなくても、適切な相手を探して助けを得るだけの機転がきくことをアッピールすること。そしてなによりも重要なことは、経営陣からの圧倒的信頼を勝ち取ることにある。

著者によると、運というものは、努力すればするほど増えていく。

周りから好かれて頼られるようになればなるほど、思わぬところからも声がかかり、活躍のチャンスは驚くほど広がっていくものなのだと。






posted by かめきち at 09:21| Comment(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

ロボット工学3原則

アメリカのSF作家アイザック・アシモフは、人工知能を備えたロボットが暴走してしまう危険性に気が付き、ロボット工学3原則を考え出しました。

第1原則:

ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第2原則:

ロボットは人間に与えられた命令に服従しなくてはならない。ただし、与えられた命令が第1法則に反する場合はこの限りではない。

第3原則:

ロボットは第1原則、第2原則に反する恐れがない限り、自己を守らなければならない。

ロボット工学3原則は、ロボット研究の方向性を間違わないためのガイドラインのようなものといえます。






posted by かめきち at 09:43| Comment(0) | 経営情報・経営用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

国際社会で生き残る

国際政治学者の中西輝政氏によると、国際社会で生き残るには4つの要諦があるそうです。

1.大きな底流を早くみつける。

2.そのうえで、しっかり準備をして、できるだけゆっくり行動する。

3.交渉事は、つねに粘り強く主張する。

4.大きなものが動くところでは、あるところで潮目をみて潔く譲歩する。

世界の大きな潮流を見定めて、力強い政治力で日本を動かしていく必要があります。

先の大戦では、日本はその大きな潮流を見誤ったというべきではないでしょうか。

日本人として知っておきたい「世界激変」の行方 (PHP新書)






posted by かめきち at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

ビジョナリー・カンパニー

ビジョナリー・カンパニーとは、アメリカのスタンフォード大学のビジネススクールでの研究にもとづいて提唱された企業概念です。

優れた企業には、次のような明確な共通の項目がみられました。

1.明確なビジョンをもっている企業である。

2.未来志向の企業である。

3.先見的な企業である。

4.業界で卓越した企業である。

5.同業他社から広く尊敬される企業である。

6.消えることのない足跡を残している企業である。

7.大きなインパクトを与え続けている企業である。

GE、IBM、ウォルト・ディズニー、ソニーなどが例としてあげられています。


ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則






posted by かめきち at 13:21| Comment(0) | 経営情報・経営用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする