2017年02月12日

人間の知能

人間の知能には、大きく分けて2種類あります。

それは、経験や熟練といった結晶性知能と、学習や記憶のような流動性知能です。

流動性知能は、年を取るとともにどんどん劣化していきますが、結晶性知能は死ぬまで高められる機能だと言われています。

流動性知能は主に左脳と関係し、結晶性知能は主に右脳に関係します。


【脳活性化自己暗示CD付き】 さあ、脳を進化させよう


脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)


脳の老化を99%遅らせる方法 疲れを脳にため込まない37の新習慣






posted by かめきち at 08:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

マンション格差

榊 淳司 著


マンション格差 (講談社現代新書)

今、日本では、マンションにおける格差が歴然としてきた。

そしてそれは今後も急拡大することが確実と言われている。

少子高齢化の進行で、人口や世帯数の減少が顕著となり、住宅が急速に余りはじめているのである。

その結果、分譲マンションは、凄まじい資産価値の競争にさらされているのである。

マンション購入の勝ち組となるのか、負け組となるのか。老後を大いに左右する問題である。

東京どこに住む? 住所格差と人生格差 (朝日新書)
2020年マンション大崩壊 (文春新書)
マンションは10年で買い替えなさい 人口減少時代の新・住宅すごろく (朝日新書)





posted by かめきち at 00:38| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

レバレッジシリーズ

本田直之氏のレバレッジシリーズ。

レバレッジをかけ、成果を得るためのノウハウにより、仕事や人生において継続的なリターンを得ましょう。

いかに楽をして、最短距離で、最大の成果を得るか。それによって人生や仕事のクオリティが左右されてくるでしょう。



レバレッジ勉強法 (だいわ文庫)


レバレッジ・リーディング


レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術








posted by かめきち at 11:28| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

雑学の威力

雑学博士で博識のやくみつるさんによると、雑学的知識を身につけることにより、以下のような効用があるそうです。

1.コミュニケーション力・会話力がアップする。
2.周囲の人から面白がられ、ウケがよくなる。
3.好奇心が高まり、色々なものに興味がわいてくる。
4.趣味の幅が広がり、人生が格段に楽しくなる。
5.発想が豊かになり。仕事にもいい影響を与える。
6.物事に対する理解力が格段に上がり、自分に自信がつく。


雑学の威力 (小学館新書)
やく みつる著

毎日少しずつ、雑学的知識を身につけていきたいものです。

時間を忘れるほど面白い雑学の本 (知的生きかた文庫)
大人の博識雑学1000 (中経の文庫)
雑学うんちく図鑑
雑学全書―天下無敵のウケネタ1000発 (知恵の森文庫)
子どもにウケるたのしい雑学 (WIDE SHINSHO 69) (新講社ワイド新書)






posted by かめきち at 20:09| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

メラビアンの法則

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが唱えているコミュニケーションの法則です。

人間がコミュニケーションする際に、人はどのような要素をもとに相手に対する評価をするかについて調べたものです。

これによると;

・ボディランゲージ: 55%
・声のトーン、テンポ: 38%
・言葉: 7%

というものでした。

言葉の比率が非常に低いことが分かります。

それよりも、非言語的な要素がかなり高い。

人とコミュニケーションをする際には、こういったことを十分に頭に入れておきたいものです。



知っているようで知らない 法則のトリセツ


非言語(ノンバーバル)コミュニケーション (新潮選書)


ほんの少し話し方を変えるだけで好感度がアップする 好かれる人の会話の法則 人を幸せにする話し方のルール!


定理と法則105 (人に話したくなる教養雑学シリーズ)








posted by かめきち at 06:14| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする