2017年06月03日

失敗力

「麦は「麦踏み」で人に踏まれて根が張り、人間は泥水を飲むような苦労を経験して強くなります。失敗しないでうまくいった人はいないと思いますし、失敗しない人間には、そもそも魅力がありません。組織にとっても、失敗は会社全体の財産になります。」 (飯田亮、セコム創業者)


世界のどこにもない会社を創る!―セコム創業者の痛快な起業人生


セコム その経営の真髄


ナンバーワン企業の成功のしくみ








posted by かめきち at 21:06| Comment(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

Your Life Without Limits - Living Above Your Circumstances

Nick Vujicic著。

著者は手と足(四肢)がない状態で生まれてきて、様々な困難を乗り越えて、今は充実した人生を送っています。

幼い頃は、人生に失望し自殺も考えたほどでしたが、「希望」を失わないこと、キリスト教の信仰による神を信じることで自分を強くし、数々の夢を実現してきています。

その生き方と、心の持ちよう、希望を失わないことは、大いに人々を勇気づけるでしょう。

様々な困難にぶつかり、落ち込んだときに読むといいと思います(英語です)。


Your Life Without Limits: Living Above Your Circumstances








posted by かめきち at 12:13| Comment(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出世の極意

米国ルイ・ヴィトンの元CEOであるマーク・ウェーバー氏の著作。

金も知識もコネもなく、雑用係から出発し、世界有数の紳士服メーカー、フィリップス・ヴァン・ヒューゼン(PVH)のCEOになり、その後、世界一の高級ブランドグループ、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)の米国法人CEOに就任。


ルイ・ヴィトン元CEOが教える 出世の極意

組織で成功するには、どんなタフな難題にもこなす頼もしい存在だと証明しなければならない。

たとえ任された課題についてなんの知識がなくても、適切な相手を探して助けを得るだけの機転がきくことをアッピールすること。そしてなによりも重要なことは、経営陣からの圧倒的信頼を勝ち取ることにある。

著者によると、運というものは、努力すればするほど増えていく。

周りから好かれて頼られるようになればなるほど、思わぬところからも声がかかり、活躍のチャンスは驚くほど広がっていくものなのだと。






posted by かめきち at 09:21| Comment(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

早起きの効用

重要な仕事は、午前中、できれば朝方にこなしてしまいましょう。

人間は、起床してから5時間くらいが脳の活性度が一番高いと言われています。

あらゆる分野で成功している人は、早起きで、しかも午前中に大切な仕事を済ましてしまうことが重要であることを知っているのです。


人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術


朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―――睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門


7日間で人生が変わる! 究極の「早起き」プログラム







posted by かめきち at 22:28| Comment(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

直観の大切さ

ビジネスで成功した人たちは、直観で方針を決定している人が驚くほどいます。

投資で巨万の富を築いたフォーブス氏もまたそうでした。

「別に業種や経営状態で企業を判断しているわけではありません。そこのトップと会ってどんな人物かを直観で判断して(投資するかどうかを)決定しているに過ぎないのです。」(マルコム・フォーブス)



戦略は直観に従う ―イノベーションの偉人に学ぶ発想の法則


正しい判断は、最初の3秒で決まる 投資プロフェッショナルが実践する直感力を磨く習慣


なぜ直感のほうが上手くいくのか? - 「無意識の知性」が決めている









posted by かめきち at 20:39| Comment(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする