2013年06月14日

飲酒の効用

飲酒により、血管内皮細胞からは、ウロキナーゼとよばれる血栓溶解酵素が算出され、脳梗塞や心筋梗塞の予防、改善につながるといわれています。

また、アルコールには以下のような効能があるそうです。酒は百薬の長とも言われます。適量を飲むのであれば、健康を増進するのでしょう。

(飲酒、アルコールの効能)

@ストレスを発散し、免疫力を高める。

Aガン抑制硬化。

B善玉コレステロールを増やし、虚血性心臓病(狭心症、心筋梗塞)を防ぐ。

C脳卒中を防ぐ。

D適酒は、糖尿病のコントロールを良好にする。

E適酒が脳を活性化し、ボケやアルツハイマー病を予防する。

F胃液の分泌をよくして、食欲を増す。

G適酒は、鎮静・睡眠作用がある。


(参考文献)


不節制なのに、なぜか「健康な人」の習慣 (PHP文庫)






posted by かめきち at 00:10| Comment(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ拝見しました。一言コメントを残したかったので。よかったら、私のブログにもお越しください。
Posted by コーイチ at 2013年07月17日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: