2017年02月25日

2040年全ビジネスモデル消滅

牧野知弘著

本書では、マクドナルドが日本にやってきた1971年を起点として、その後の時代を4半世紀毎に区切り、バブル崩壊後の1969年を日本社会の変化の節目として、1983年に日本にやってきたディズニーランドの隆盛とマクドナルドの業績低迷を、日本社会における価値軸の変化に照らし合わせて検証します。

1996年までは、日本社会においては、量的充足を前提としたビジネスモデルが主流でしたが、急速にコモディティ化し、その価値を失っていきました。

その後は、ディズニーに象徴される質的充足が求められるようになってきたのです。

そして東京オリンピック後の2011年以降、日本社会はどのような方向に向かっていくのでしょうか?そのヒントが示されています。


2040年全ビジネスモデル消滅 (文春新書)







posted by かめきち at 11:33| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディズニーの理想

ディズニーランドの創始者、ウォルト・ディズニーは、ディズニーランドのオープニングセレモニーで以下のようなスピーチを残しています。

「私は、ディズニーランドが人々に幸福を与える場所、大人も子供も、共に生命の驚異や冒険を体験し、楽しい思い出を作ってもらえるような場所であってほしいと願っています。」

現実から離れて楽しめる夢の国、それがディズニーランドです。


社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった―そうか、「働くこと」「教えること」「本当のサービス」ってこういうことなんだ! (KOU BUSINESS)





posted by かめきち at 10:02| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超高級リゾート

欧米やアジアの超富裕層は、プライベートジェットを保有し、時間の節約とプライバシー確保のために公共の交通機関は利用せず、その代わりに気に入った場所に長期滞在し、一度の滞在で数百万円程度のお金を普通に使うと言われています。

観光立国を目指すには、このような需要にどう応えるかといった視点も重要になります。いま議論されているカジノ構想もその一環といえます。


デービッド・アトキンソン 新・観光立国論





posted by かめきち at 09:52| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

新「名医」の最新治療 2017 (週刊朝日ムック)

週刊朝日の人気連載「名医の最新治療」の最新版。

46疾患を収録しています。生活習慣病、脳・心臓、ひざや肩の痛みなどについての最新治療を名医が解説します。

癌治療の最前線では、免疫療法薬のオプジーボ、がんの増殖を抑える分子標的薬なども詳しく紹介しています。


新「名医」の最新治療 2017 (週刊朝日ムック)






posted by かめきち at 06:12| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

サンクコスト効果

サンクコスト効果とは、過去に使用した費用や時間、労力に、今後の選択や行動が影響されることをいいます。コンコルド効果とも呼ばれています。

サンクコストとは、埋没費用のことで、すでに使用してしまい回収不能な費用や、これまでに要した時間、労力のことを指します。

それまでに使用した金額や時間、労力(サンクコスト=回収不能な埋没費用)が大きくなればなるほど、中止することに抵抗を感じるようになりますが、やめるべきか続けるべきかは、冷静に将来の利益や効果だけを考えて判断することが重要になります。


入社10年分の思考スキルが3時間で学べる


9割の人間は行動経済学のカモである ―非合理な心をつかみ、合理的に顧客を動かす








posted by かめきち at 20:37| Comment(0) | 経営情報・経営用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする