2016年07月24日

レバレッジシリーズ

本田直之氏のレバレッジシリーズ。

レバレッジをかけ、成果を得るためのノウハウにより、仕事や人生において継続的なリターンを得ましょう。

いかに楽をして、最短距離で、最大の成果を得るか。それによって人生や仕事のクオリティが左右されてくるでしょう。



レバレッジ勉強法 (だいわ文庫)


レバレッジ・リーディング


レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術








posted by かめきち at 11:28| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終わりで大きく儲かる「つみたて投資」

星野 泰平著


終わりで大きく儲かる「つみたて投資」 (講談社+α新書)

じぶん年金を作るために中長期で投資するならどうすればよいか的確に指南している。

積み立て投資の力は恐るべしです。

気長に、安いときに多くの数量をこつこつと投資していけば、引退するころには大きく増えています。

主な内容:
・序盤の一喜一憂は意味がない。
・投資するなら絶対に世界株
・確定拠出型年金(401K)のうまい活用法
など






posted by かめきち at 04:13| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

好機をつくりだす

「もし好機が到来しなかったならば、自ら好機を作り出せ。」
(スマイルズ(イギリスの作家))

チャンスはなにもしないでいてはやってきません。

十分な準備を重ねてこそ、巡り合えるものなのです。

まさに、天は自ら助くる者を助く、といえます。


新・完訳 自助論


現代語訳 西国立志編 スマイルズの『自助論』 (PHP新書)











posted by かめきち at 09:17| Comment(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

健全な自己評価の大切さ

「成功した者の多くは、常に自分の価値を信じ、たとえ不遇な場に置かれた時でも、希望に満ちた夢だけは捨てなかった。たぶん、他のどんな要因よりも、健全な自己評価こそが、自己実現と幸福をもたらすカギとなるであろう。」(D・ウェイトリー)

夢があれば前に進めます。夢がないと、どこかで頓挫するでしょう。

自分の価値を常に信じ、夢に向かって着実に一歩を進めていきましょう。



新訳 成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法


人生とは、一着にならなければならないような愚かな生存競争ではない







ラベル:ウェイトリー
posted by かめきち at 06:39| Comment(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

時を待って動く

時を待ちて動く(易経)

いつでもやみくもに動いてよいのではない。

十分な準備をしつつ、力を付けて、好機をとらえて行動することが大切である。

逆の言い方をすれば、たとえチャンスが訪れても、準備が十分ではなければその好機をとらえることができず、リスクになる可能性さえあるのである。


易経 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス中国の古典)


最高の人生教科書 易経








ラベル:易経
posted by かめきち at 07:13| Comment(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする