2016年06月27日

無敵の「1日1食」 疲れ知らずで頭が冴える!

現代の日本人は、古代エジプトやローマの貴族なみに動かない生活をしているのに、1日3食は明らかに食べ過ぎです。

食べすぎると胃腸に血液が集まります。

体内で盛んに体温を作り出しているところは筋肉ですから、胃腸に血液を取られた分だけ筋肉を流れる血液が少なくなると体温の生成にブレーキがかかってしまいます。

食べすぎると、体は疲れます。

食べるとそれを消化吸収するために、胃腸に血液が集まります。胃腸に血液が集まると、それだけ脳とか手足とかをめぐる血液が少なくなります。だから眠くなるし、疲れるし、頭も冴えないのです。

幼少期の成長期はともかく、いったん成長し、大人になったら、成長するための栄養は必要でなくなるわけですから、やはり少食を心がけるのがよいでしょう。

(参考文献)

無敵の「1日1食」 疲れ知らずで頭が冴える! (SB新書)
三枝成彰著






posted by かめきち at 23:37| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

ウィンザー効果

ウィンザー効果は、本人よりも第三者から聞いた情報の方が信用できると感じてしまう心理。

人間は、当事者よりも、口コミの方を信用しやすいといえる。

第三者の褒め言葉は非常に効き目があり、有効活用できるであろう。

脳はどこまでコントロールできるか? (ベスト新書)

クレーム・パワハラ・理不尽な要求を必ず黙らせる切り返し話術55の鉄則―「あなたの心と立場を守る!」

よくわかる人間関係の心理学 史上最強図解

99%の人が動く! 「伝え方」で困らない心理テクニック







posted by かめきち at 19:57| Comment(0) | 経営情報・経営用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

千年の文化

飛鳥時代以来、奈良時代を経て、平安の貴族文化、戦国の武士文化、江戸の町人文化、そして明治以来の近代に至るまで、日本は千年以上にわたり独創性のある文化を築いてきた。

これは決して中国をはじめとする大陸の文化とは別のものといえる。

フランス文化とて、ギリシャ、ローマ文明を源流とし600年程度であり、過去千年の日本文化は、独自の世界に冠たるものであるといえるであろう。

(参考文献)

国家の命運 (新潮新書)







ラベル:日本文化
posted by かめきち at 21:56| Comment(0) | 政治・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

プラシーボ効果

プラシーボ効果は、プラセボ効果ともよばれる。

プラシーボとは、偽薬のことで、効果のない偽薬を効果のある薬だと言って、患者に処方した結果、本当に症状が改善することをいう。

薬の副作用を説明して偽薬を処方すると、説明した服採用が実際に現れてしまうことをノーシーボ効果という。




posted by かめきち at 22:40| Comment(0) | 経営情報・経営用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

自分の価値を信じる

「成功した者の多くは、常に自分の価値を信じ、たとえ不遇な場に置かれたときでも、希望に満ちた夢だけは捨てなかった。たぶん、他のどんな要因よりも、健全な自己評価こそが、自己実現と幸福をもたらすカギとなるだろう。」(D・ウェトリー)

自分を信じる。自分を正当に評価してあげる。そういったプラス思考が成功をもたらすといえます。

自分はダメだ、といつも思っていては、成功はやってきません。

もちろん、失敗に対する振り返りや、反省は必要ですが。夢を持ち、前向きに取り組んでいくということがとても大切だといえるでしょう。

成功哲学《誌上講座》1919-1923
成功する人の考え方
最強の成功哲学書 世界史
世界の成功哲学50の名著






ラベル:プラス思考
posted by かめきち at 05:44| Comment(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする